ミャ~。来てくれてありがとミャ~。いっぱいあるから読んでいってミャ~。
NO.1009 ライトアップ
2010年11月29日 (月) | 編集 |
ぼくにき1000回記念シリーズ飛騨高山の旅⑨

14日(日)夜、世界生活文化センター内にある飛騨芸術堂で、「井上堯之ライトアップコンサート~旅は道連れ 童謡・唱歌~」が行われました。会場付近は日没よりブルーにライトアップされていて、幻想的な雰囲気をかもし出していました。家族みんなで楽しみにしていたコンサートが、まもなく始まります。

400枚チケット配布済と大好評みたいな。
ラスカル「ここでやるミャ~?」
パパ(声)「大きい会場だね。ホテルから歩いてこれるから、最高最高ぴくぴく~!」

このイルミネーションは、とにかくきれいでした。
ママ(声)「きれいだね~。ここで写真を撮ろうか?」
ラスカル「ひげのおじさんのライブは、まだはじまらないミャ~?」
チワワ「ま~だ2じかんもまえだきゃ~ん!」
パパ(声)「そういうことだきゃ~ん。」
チワワ「パパはもうすでに、まいあがっているきゃ~ん!」

     このせつない顔が最高だよ。ママすごい!
ママ(声)「サクラちゃん、すごくいい感じだよ。」
サクラ「きれいにとってくださいニャ~。」

あと10分を切ったぜ!
メロン「メロンこのなかに、はいったった。」
ママ(声)「メロンちゃん!パパを見てごらん。楽しみにしていたコンサートがもうすぐ始まるから、さっきから何回も何回も時計ばっか見てるよ。」
メロン「どうしてたのしみだと、とけいをみる、ぴくぴく?」

PM6時コンサート開始。エレキ1本で堯之さんは、「里の秋」「故里」などの童謡を中心に、オリジナル曲「一人」「ダイヤモンドドロップ」「I'm in love with you」「愚か者」など、20曲近くを披露してくれました。曲によってはいつもと違う歌い方やギターワークで、ステージから目が放せなかった90分間のステージでした。


そして・・・
ママこれまたいい笑顔を撮ってくれました。ヒヒヒ!
「すごく楽しかった。これが新たな第一歩!」と語った堯之さん。

お疲れのところすいません・・・。
「ぼくにき」1000回記念のメッセージとサインを書いてくれました。

いやいやいや、これはこれは・・・。
堯之さん「は~い!」
ラスカル「きんちょうするミャ~・・・。」

アップ↑↑↑
堯之さん「今度こっち。」
ラスカル「ぼく、しんぞうがバクバクしてるミャ~!」
チワワ「けつあつが、あがったきゃ~ん!」
堯之さん「OK!]
パパ(声)「どうもありがとうございました。」

オリジナル曲のギターソロにしびれたこと、童謡の優しいギターの音がよかったことなど、同じようなことを堯之さんに何度も話していたパパ。楽しかったひと時がそろそろ終わり・・・ホテルに戻りました。


よく眠ってたよ。
ラスカル「ぼくきっと、こんやはねむれないミャ~・・・。」
パパ(声)「ねぇ~!」

■ゲスト:井上堯之さん

■ロケ地:世界生活文化センター(岐阜県高山市)

つづく


ポチポチをふたつよろしくミャ~!

br_banner_yakiimo.gif