ミャ~。来てくれてありがとミャ~。いっぱいあるから読んでいってミャ~。
NO.1248 ギザギザの10えんだま
2011年10月29日 (土) | 編集 |
通称「ギザ10」の価値は?

よ~く見て。
パパ(声)「これ珍しい十円玉だよ。見てごらん。」
メロン「ん・・・?」
ラスカル「どこがめずらしいミャ~?」

132個の溝
パパ(声)「よ~く見ると、溝が彫られてるんだよ。ギザ10っていう十円玉。」
ラスカル(声)「ほんとうだミャ~。」

ギザ10を探せ!
ラスカル「もっとないか、さがしてみるミャ~!」
パパ(声)「最近はあんまり見なくなったから、小銭入れを探してもないと思うよ。」
メロン「う~~ん。」

じゃ~欲しい人に高く売る?

パパ(声)「普通の十円玉と比べてみると、こんな感じだよ。」
メロン「ギザギザの、きたないきたない、ぴくぴく。」
パパ(声)「ギザ10は古いからね。」
ラスカル「そんなにめずらしいなら、きっとたかくうれるミャ~。」
パパ(声)「さっき調べたら、昭和32年と33年に発行されたのだけが、価値があるんだって。これは昭和29年だから、高く売れないね。欲しい人はいると思うけど・・・。」


久しぶりにギザ10と再会しました。昭和26年から昭和33年(昭和31年発行はなし)に作られたそうですが、価値があるのはわずか2年間(昭和32年と33年)に発行されたものだけ。でも貴重だから、使わないでとっておこうと思います。


人気ブログランキングへ