ミャ~。来てくれてありがとミャ~。いっぱいあるから読んでいってミャ~。
NO.2310 ミミちゃんはじめてのびょういん
2015年12月16日 (水) | 編集 |
ミミちゃん、先生にちょっと診てもらおうか?

元気ない・・・。
ミミちゃん(心の声)「いやだな・・・ぼく、いきたくないよ。」

ついに行く時が・・・。
サクラ「びょういんにいけば、からだがかゆいのが、なおるとおもいますニャ~。」
ミミちゃん(心の声)「びょういんなんか、いったことがないよ・・・。」
ママ(声)「じゃ~ミーくん、そろそろ病院に行こうか?」
サクラ「がんばってくださいニャ~。」

のそっ
ひっ
ママ(声)「全然恐くないからね。この中に入っててね。」
ミミちゃん(心の声)「あ~・・・・・・いやだいやだ。」

心配そう
不安そう
サクラ「ちょっとのあいだだけ、がまんしてくださいニャ~。」

病院へ
着いた~
患者様名
ママ(声)「先日メールで相談したんですけど、体がすごくかゆいみたいで・・・。」
看護士さん(声)「あ~はい、ずっと外猫ちゃんだった・・・。」

・・・・・・。
ドキドキ・・・。
獣医さん(声)「青木さん、どうぞ!」
ママ(声)「宜しくお願いします。」
ミミちゃん(心の声)「な、なにがはじまるの?いやだよ。からだはかゆくないよ。」

点滴出たっ
やたらおとなしい
獣医さん(声)「かなり衰弱していますね。口の中もボロボロです。野良だということですが、きっと縁があって出会ったんでしょうから、これから相談して、少しでも長生き出来るようにしてあげましょう。」

まったく怖がらず
獣医さん(声)「注射しますよ~・・・おとなしい子だ。」
ミミちゃん(心の声)「ぼくは、おおものなんだよ。」

うまいな~
高級な餌
獣医さん(声)「明後日またインターフェロンを打ちますから、来てください。」
ミミちゃん(心の声)「これ、ぎんのスプーンよりもおいしいな~。」
看護士さん(声)「餌を美味しそうに食べてますね。」
獣医さん(声)「また食べに来てね。」
ママ(声)「ありがとうございました。」

帰宅
帰宅~
サクラ「おかえりなさいですニャ~。おいしいごはんをよういして、まっていましたニャ~。」

褒められ中
ママ(声)「ミーくん、すごくおとなしくていい子だったよ!ねぇ~ミーくん?」
ミミちゃん(心の声)「やっぱりプロだから、あつかいかたがうまかったよ。」

数時間後
静か・・・。
安心
サクラ「ミミちゃんは、あんまりからだを、かかなくなりましたニャ~。」
ミミちゃん(心の声)「なんか・・・からだのかゆみが、なおってきたようなきがする。」
ママ(声)「どんどん良くなってくるといいね!」

ずっと気になっていたミミちゃんの健康状態。思い切って動物病院に連れて行き、先生に診てもらいました。ずっとノラだったので、健康状態はよくありませんでした。今回は体のかゆみを取ってもらいましたが、口の中の細菌や炎症や膿なども、考えてあげなくてはいけないようです。

■ロケ地:MIU動物病院(神奈川県三浦市)

人気ブログランキングへ