ミャ~。来てくれてありがとミャ~。ぼくたち4人が遊んだこと、びっくりしたこと、北海道や千葉に行ったこと、他にもいっぱいあるから読んでいってミャ~。
NO.2061 メロンちゃんのぶらりたび~横浜市電保存館(前編)
2014年12月26日 (金) | 編集 |
入館料おとな100円。安ぅ~
メロン「ずんっ!ぶらりたび、はじまりはじまり~。」
監督(声)「今年最後のぶらりたびは、かつて横浜の町の風景になっていた市電が展示されている、横浜市電保存館にやってきました。横浜の市電を知らないメロンちゃんと私ですが、ここで市電に触れて時代を感じてみたいと思います。では中に入りましょう。」
メロン「よろしくよろしく~。」

2058-2A.jpg
いわゆるマスコンです
監督(声)「エントランスにはコントローラーがあります。メロンちゃん、これは何かわかりますか?」
メロン「でんしゃ、うごかすうごかす。」
監督(声)「素晴らしい!運転台に設置されている、速度を制御するスイッチ装置です。」

大吉が出ますように・・・
ふ~ん
メロン「なに、これ?」
監督(声)「昭和3年頃から使っていた、キップの回収箱ですって。昔は降りる時に、この中にキップを入れたんですね。」
メロン「おみくじみたい・・・。」
監督(声)「かなり大きいですけど、こんな形をしたのがありますね。市電に入ってみましょうか?」
メロン「いくいく、ぴくぴく。」

かっこいい
メロン「お~、ふるいふるい。」
監督(声)「木の椅子がいい味を出しています。」

「また富良野に帰ってこい。」
監督(声)「雰囲気ありますね、メロンちゃん。表情がいいですよ。父さん!蛍~みたいです。」
メロン「???」

時計?
しゅっぱ~つ
メロン「ん・・・?こんなとこに、とけいが、あったあった。」
監督(声)「面白いことを言いますね。それは時計ではなくて、圧力計なんです。」
メロン「いちばんまえ、すきすき。」
監督(声)「運転台ですね。」
メロン「かんとくたん、このでんしゃ、どこ、はしってる?」
監督(声)「残念ながら今はもう走っていません。この500型は昭和の初期のようです。」

1000型
バスみたい
でかっ!
メロン「かんとくたん、みてみて~!」
監督(声)「あら、可愛い運転手さんがいました。」
メロン「しゅっぱつ、しま~す、みたいな!」
監督(声)「昔は路線バスも、こんな料金箱でした。懐かしいです。」

またこんな車両を作ってほしい
ブザーだ
監督(声)「このレトロな雰囲気が堪りませんよ。」
メロン「ついたついた。おりま~す、ぴくぴく。」

金鳥の蚊取り線香はなかった
キリンビール
メロン「ビール、おいしいおいしい?」
監督(声)「懐かしい商品の広告です。おお!キリンレモン、大好きでしたよ。」

お~い
「おしり、つめたく、なったった。」(メロンちゃん心の声)
メロン「よく、みえるみえる~。」
監督(声)「昔の電車は、どうですか?」
メロン「かわいいかわいい。メロン、ふるいでんしゃ、すきすき!」
監督(声)「本当ですか?一編成でも存在感がありますね。」

明日も見てね!
監督(声)「本物の電車を見ましたから、次は模型を見に行きましょうか?」
メロン「はいはい~。」

つづく

■ロケ地:横浜市電保存館(神奈川県横浜市磯子区滝頭)

※先日『ぼくにきNEWS』でお知らせした、『メロンちゃんのぶらりたび』の更新日が、今日と明日に変更になりました。

人気ブログランキングへ


関連記事

コメント
この記事へのコメント
ここは貴重な保存館だね。電車内にも入れるから、行ってみたいな。昭和はいい時代だったね。
2014/12/26(金) 10:01:06 | ボンかま[ 編集]
ふぐふぐさん
ボクは明日アメ横にぶらりたびだぜ。
ふぐふぐさんは、年末どこかに出かけるの?
2014/12/26(金) 12:06:31 | よしひろ[ 編集]
年末は、横須賀に帰るぜ~

あとは、横浜周辺でブラブラするぜっ!
2014/12/26(金) 19:32:23 | ふぐふぐ[ 編集]
なんて歴史ある電車なんでしょう。

昭和のかおりがしますね。

貴重 貴重!
2014/12/27(土) 11:34:44 | えりりん[ 編集]
今回は監督さんの方が喜んでいるように感じました。
メロンちゃんも楽しそうですね。
2014/12/28(日) 14:23:38 | れいんぼうまうんてん[ 編集]
ブルーラインのシュミレーターはやった?
2014/12/28(日) 19:39:38 | 阪東橋君[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック