ミャ~。来てくれてありがとミャ~。いっぱいあるから読んでいってミャ~。
NO.454 ちばけんちんどうちゅうⅡ⑤
2008年12月01日 (月) | 編集 |
★-------------------------★
千葉県珍道中Ⅱ
★-------------------------★

●「ぼくたちのにっき」をたまたま見た、千葉県議会議員の九十九先生は、ラスカルさん達を房総半島の観光PRのイメージキャラクターにしようと考えて、1泊2日の旅に招待しました。鋸山~犬吠埼~鵜原と廻り、2日目は仁右衛門島からスタートしました。

前回の更新・・・・・こちら

※このブログの設定は、すべてフィクションです。

*************************************************
第5回仁右衛門島編パート1
*************************************************

ちばⅡ5-1
手こぎ舟(渡し舟)
ラスカル「このしまには、はじめてきたミャ~。」
サクラ「ゆっくりはしるふねが、きもちいいですニャ~。」

ちばⅡ5-2
ラスカル「このしまで、たんけんしたいミャ~!」
メロン「するする、ぴくぴく。」

ちばⅡ5-3
芭蕉塚
《者世越 海暮て 鴨の声 ほの可迩白し》(芭蕉)
サクラ「よくわからないけど、おくがふかそうなことばですニャ~。」

ちばⅡ5-4
亀岩
メロン「カメたんに、にてる!」

ちばⅡ5-5
先生「あら…私だけ遅れてるみたいな…。この島のように、ゆっくりのんびり行きますか…♪デ~ジタル~と言わ~れて~も中はアナ~ロ~グ~……この島は素晴らしい!千葉県の永遠の財産ですな。」

つづく
**********************************************************
ロケ地:仁右衛門島こちら
撮影協力:佐藤雄一さん、従業員の皆様
第6回は【仁右衛門島編パート2】(8日月曜日PM9時)の更新です。
**********************************************************
ゲストハマッ子さん(千葉県議会議員兼房総半島観光推進プロジェクト室長《九十九 里志》

banner_snowman_1.gif←おもしろかったら、ここをおしてミャ~!

関連記事

コメント
この記事へのコメント
千葉最高
千葉のびわって食べた事ある?甘くておいしいよ
2008/12/01(月) 21:38:35 | タカゾー[ 編集]
きゃ~ん
あわびは、たべたことがあるきゃ~ん。
2008/12/01(月) 21:46:53 | アオキチワワ[ 編集]
千葉最高
やつぱラツカセイでしよ~あと干物
2008/12/02(火) 01:15:11 | ぴんくのぞ~[ 編集]
千葉最高
やはり九十九先生と仁右衛門島でしょうv-218
2008/12/02(火) 08:27:53 | 仁右衛門嶋清貴[ 編集]
へぇ~~
この島はいい所だなぁ。
俺は島と言ったら、江ノ島しか行った
ことがねぇ~よv-509
2008/12/02(火) 14:54:12 | ナギー[ 編集]
九十九です。
私の後姿もなかなかの物ですな~哀愁がただよってる・・・・・みたいな。
2008/12/03(水) 11:46:02 | 千葉県議会議員[ 編集]
いや~
仁右衛門島の崖肌はいいですね。ついつい登ってみたくなる崖ですね。 
関東崖100選に入れますか!
2008/12/03(水) 11:48:20 | 崖淵 昇[ 編集]
「お後、A2丁です~~~~~~」
「はい!ただいま~~~~」
2008/12/03(水) 11:50:35 | 陶芸家  桜 水山 先生[ 編集]
にえもんじま
おもしろそうですね。
こんどぜひいってみます
たべるところはあるんですか?
じかいもたのしみにしてます。
2008/12/03(水) 18:40:10 | れいんぼうまうんてん[ 編集]
ようこそ、いらっしゃいました
嶋からのご挨拶 (本当の話)
嶋は、千葉県で一番大きい島、この島を個人で所有しており人口は、一家族、海を行き来する手漕ぎ船は日本ではここだけ、岩場でバーベキューもできるよ
撮影時は、どこから聞きつけてきたのか、たくさんの
ギャラリーが先生の後ろをついておりました
2008/12/03(水) 21:53:39 | 仁右衛門島広報[ 編集]
ミャ~
にえもんじまのおじさん、かきこみありがとうミャ~。こんげつのすえに、またしまにいくミャ~。ぼくたちあのしまが、だいすきだミャ~!
2008/12/03(水) 22:32:30 | アオキラスカル[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック